<< March 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
それでも人を愛する犬
それでも人を愛する犬
田辺 アンニイ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
危険な油が病気を起こしてる
危険な油が病気を起こしてる
ジョン フィネガン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
 
忘れもの
ここ2週間くらいで、傘の忘れ物やハンカチなどの落とし物が増えてきました。こちらもバタバタして気づかず申し訳ございません。大切にお預かりしていますので、お声かけ下さいね。





(アンジュー店主)
スタッフの声 | 06:20 | - | -
治療室の歓送迎会
アンジュー京都南カイロプラクティック研究所の歓送迎会

kuniちゃんは6回生で迫る卒業試験、国家試験、研究論文発表と超忙しくなったので、泣く泣く当オフィスを卒業されました。

そんな折、大学で声楽を専攻する松田さんがタイムリーに治療室に参加。また昨秋にご結婚された小島さん(元アンジュー店長)も出席され、懐かしい想い出話にあっという間に時間が過ぎました。忘年会はさらに卒業されたスタッフが増え賑やかになりそうです。



(アンジュー店主)
スタッフの声 | 19:01 | - | -
モスキートバスターズ


モスキートバスターズ:

扉の開閉とともに侵入してくる蚊。施術中は素肌の露出部分が多くなるので、大切な患者さんが刺されてはたいへんです。
そんなとき蚊を撃退してくれるのが「ゴーストバスターズ」ではなく、治療室の「モスキートバスターズ」です。

グリップにスイッチがあり、押すとネット部分に静電気が流れるので、薬も使わずに退治できます。治療室では使い始めてもう10年近くになるそうですが、これからしばらくの間は手放せません。

 写真はスライドショーにして治療室のサイトでご紹介しています。

(アンジュー店主)
スタッフの声 | 11:04 | - | -
結婚で退職することになりました


追記: 

小島さん、ご結婚おめでとうございます。
常勤で6年間、一度の欠勤もなく、"Wow! Incredible!"
早朝から夜遅くまで頑張っていただきました。本当に感謝です。今月の20日をもって寿退社されましたが、患者さんの多くから惜しむ声や、今日一度に持ち帰れないお祝いのプレゼント。彼女は本当に幸せものです。これまで誠心誠意、患者さんにまっすぐ応対されてきたからですね。アンジュー京都南カイロの同窓会での再会を楽しみにしています。(^-^)ゞ


(anjuu staffによる小島さんの送別会 2012.10.20)
スタッフの声 | 23:13 | - | -
発表会の記事


 今年も患者さんが、私の所属しているバレエ教室の発表会が新聞の記事に載っていた、と記事をわざわざ郵送してきて下さいました。

 上の写真は、「洛南タイムス」の記事に載っていた写真です。
たぶん一番最初に幕が開いたときの場面だと思います。
すごく楽しそうに踊っている子や、少し緊張してそうな子…。
みんな知ってる子なのに、いつもとは別人みたいで、なんだか不思議な感じがします。

 みんなの踊りを、DVDで観るのを今から楽しみにしています。
スタッフの声 | 18:11 | - | -
ラストステージ


今年も、夏の大イベントの日が近づいてきました。
8月12日(日)にバレエの発表会があります。
まだまだ先な気がしていましたが、気づけばもう来週です(;_:)

今年の発表会は、私のラストステージです。
また、私の通うバレエ教室の発表会15周年記念でもあります。

数年前から、いつまで現役を続けるか考えていましたが、とにかく15周年までは頑張ろうと思い、今までやってきました。

私がバレエを習い始めたのは25年前。
受験や就職などで少しバレエを離れた時期もありましたが、それにしても長い間やってきたな、と我ながら思います。
思い返せばいろいろなことがありました。
楽しいことはもちろん、つらいことや我慢したことも沢山ありました。

それでも続けてきたのは、やっぱり踊ることが好きで、やめられなかったのです。
発表会などに出るのは今年で最後にしますが、レッスンだけは、おばあさんになっても、細々と続けていきたいです(笑)

今年の発表会の大人の作品(中学生〜成人)は「白鳥の湖」です。
そして私に任された役は「黒鳥(オディール)」です。
私は、昔から回るのが苦手で、それは今も変わらず…。
ですが、黒鳥の踊りは、とにかく回るのが多い!!
先生は、技術だけなく演技も重要だから、と私に役をくださったのですが…。

でも、この役を自分なりに踊りきれたら、すごく満足できると思うので、今までの集大成として頑張ります。そして、他の役でこの場面を盛り上げてくれる皆の為にも。

舞台の上の、言葉にはうまく表せない、あの特別な空間を味わうことができるのが次で最後かと思うと寂しい気持ちもありますが、最後は笑ってステージを降りられるように、楽しんでこようと思います。

アンジュー店長 
スタッフの声 | 19:56 | - | -
第24回 JEUGIAカルチャーセンター 春の合同発表会


 小島です。

 今年もバレエの発表会の季節がやってきました。
 4月8日(日)に「第24回 JEUGIAカルチャーセンター 春の合同発表会」が開催されます。
 毎年思いますが、1年は早いものです。
 まだまだ先な感じがしていましたが、気付けばもう来週です。

 私の受け持っている教室の子どもたちも出演しますが、今年は初舞台の子が3人います。
 衣装を渡したときも大喜びで、初めての発表会を楽しみにしているようです。
 まだまだ寒い日が続き、風邪でレッスンをお休みする子どもが毎週1人はいるような状況ですが、当日は全員で元気に出演できることを願います。

 私は、今年は「瀕死の白鳥」を踊ります。
 とても有名な作品で、プロの人の踊りを見るとすごく感動します。
 昔から憧れていた作品で、私がバレエを引退するまでに一度は踊ってみたいと思っていました。
 せっかく踊るチャンスをいただいたので、一人でも多くの観客の方に何か感じてもらえるように精一杯がんばります。

 会場は滋賀県栗東にある「さきら会館」です。
JR栗東駅のすぐ目の前で交通の便利が良く、入場も無料でどなたでも来ていただけます。
 お時間がございましたら、是非ご来場ください。

日にち:4月8日(日曜日)
時間 :会場 13:00
    開演 13:30(予定)

(途中入場・退場可能です。)

(アンジュー店長) 
スタッフの声 | 14:42 | - | -
『王者の食ノート スポーツ栄養士 虎石真弥、勝利への挑戦』(島沢優子著)
 『王者の食ノート スポーツ栄養士 虎石真弥、勝利への挑戦』(島沢優子著)とういう本を読みました。
 虎石さんは、東洋大学箱根駅伝チームと帝京大ラグビー部を日本一へと導いた「食で支えた勝利の女神」として知られている方です。

 私の職場には、予防医学や栄養に関する書籍や資料がたくさんあるので、スポーツと栄養は深く関わりがあるということは知っていました。
 また、スポーツを見るのも好きなので、テレビなどでスポーツ観戦もしますが、応援している選手が調子悪いと「ちゃんと栄養サポートしてくれる人はスタッフの中のいるのかなあ」と、余計な心配をすることもあります。この本は私にとってとても興味を惹かれるものでした。

 いまどきの体育会男子たちは、「栄養とかやって、マジで強くなれんのかよ!」といった有様で、始めは虎石さんが栄養のレクチャーをしてもメモすらとらない選手がいたり、真面目そうに話を聞いていても体からは煙草のにおいがしてきたり、栄養の意識がゼロに近い状態からのスタートでした。
 そこから最終的には、選手たちは食事もトレーニングの一環だととらえ、栄養で体のコンディションを整えていこうと、それを実行できるまでに成長していきます。食の力、栄養の力を信じさせることができたのです。私はその過程で描かれている、虎石さんの努力と意志の強さに感銘を受けました。
 相手は、体育会系の男子学生です。その選手たちが、自分たちで食材を買いに行って夜食を作ったりするようになるまでの道のりは、本当に大変だったと思います。
 虎石さん自身もが、これほどまでに精神的にも身体的にも強いのは、やはり食事のおかげではないでしょうか。

 私自身、趣味でクラシックバレエをしていますが、「体力をつけながら減量したい」といつも思っています。それなのに、食事に本当に気をつけるのは発表会前のほんの数週間だけです。
 真剣に栄養に取り組む虎石さんと選手たちの姿を読んでいると、私は日頃、なんとズボラな食生活を送っていることでしょう。これを機に、普段の食生活も見直していこうと思います。

 虎石さんが選手たちにアドバイスされていた実際の内容も、文章の中には多く紹介されていました。
 例えば、駅伝レース前の捕食については、「3時間前には鮭のおにぎりやハムサンドの固形物。2時間前にはゼリー飲料などの食べやすいもの。口に入れられるのであれば大福ならこしあん。小豆の皮が繊維として残る粒あんよりは消化がいいからだ。みたらしだんごやバナナでもいい。レーススタートの1時間前を切ったら、100%のオレンジ果汁や糖質の速攻補給ができるスポーツ飲料など。」という内容です。中には、3時間前には空腹にしたいという選手もいるそうで、その場合は前日の夜までに必要な栄養素を食事からしっかりとるようにアドバイスをされるそうです。

 私は、バレエの発表会の日の食事を思い返しました。出番が夕方くらいであったとしても、朝食はしっかり食べていきますが、それ以降は踊り終わるまで、ほとんど食事はしていません。前日の夜も、ギリギリまで減量しようと思い、しっかりした食事ができていないと思います。
 その結果、なんとか最後まで踊れても、終わった直後は貧血気味でフラフラになることもよくあります。緊張していたのと、体力がないから体がもたないのかと思っていましたが、栄養補給が十分にできていなかった為の結果だと思います。
 今年の発表会は、体力的にも心配な役をいただいたので、虎石さんが選手たちにアドバスされていた内容も参考にして、体調を整えたいです。

 スポーツ栄養士というお仕事は、日本ではまだ認知度が低いそうです。将来、虎石さんのようなスポーツ栄養士の方々がもっと活躍できる場が増え、より多くの日本人アスリートが世界で活躍できれば嬉しいです。



(アンジュー店長)

スタッフの声 | 14:10 | - | -
発表会の思い出と写真
今年8月に開催されたバレエの発表会の舞台写真ができました。

今年は体調も良く、特に大きな怪我もなく本番を迎えることができました。

今年の大作は『くるみ割り人形』でしたが、私は金平糖を踊りました。
たくさんリフトがあり大変でしたが、2幕の主役だったので、私のできる範囲で責任を果たそうと思い、舞台へ上がっていきました。

始まりは、アダージョといって、男性と二人で踊ります。
ここで、大変なリフトがいくつかあったのですが、最初の大きなリフトをしたそのときに、突然左の背中辺りにピキッという感じとともに激痛が!!

今までに経験したこのない痛みで、吐き気もして一瞬頭の中が真っ白になりました。
そのあと、まだまだリフトもあり、バリエーション(1人での踊り)、コーダ(最後の見せ場)と続くのですが、途中で止まるわけにもいかず、そのまま続けるしかありませんでした。
なんとか大きな失敗はせずに最後までできましたが、どのように踊ったのかあまり記憶がありません。
笑顔だけでも頑張ろうと必死で笑ったことだけは覚えています(笑)

後日、念のためレントゲンをとってもらったら、肋骨にヒビが入っていました。
日常生活に支障がなくなるには1ヶ月半くらいかかるとのことでした。

早く治したいので、できるだけのことは努力しようと思い、アンジューの治療室の先生に相談しました。
すると、マグネシウムとマルチミネラルビタミンを積極的に摂ることを勧めて下さいました。
マグネシウムはカルシウムと協力しあって骨をつくってくれたり、骨の構成成分にもなるのです。
また、ビタミンの働きも助けてくれます。
そこで、いつも減量が終わるとおろそかになってしまう「元気ですか」(マグネシウムとリンゴ酢の液体サプリメント)を毎日欠かさず飲んで、「マルチミネラルビタミン」はいつもの倍の6カプセル摂り続けました。

それから3週間後、日常生活どころかバレエのレッスンにも復活することができました。

あの痛みを忘れた頃に、申し込んでいた写真が仕上がってきました。
笑顔で踊っていたつもりでしたが、改めて写真を見ると、顔がこわばっています(笑)
もうすぐDVDも届くと思うのですが、観るのは写真よりも恐いです。

アダージョより(骨折前なので、まだ余裕)




バリエーションより(骨折後。満面の笑みで踊ってるつもり)



コーダより(飛びこんでいってキャッチ。これは本当に痛かったです)


(アンジュー店長)


スタッフの声 | 09:21 | - | -
ひと夏の思い出




 先日、患者さんが「地元の新聞にお名前が載っていましたよ」と、新聞の切り抜きを持って来て下さいました。

 その記事は、8月7日に開催されたバレエの発表会のものでした。私がバレエを習っていることを知ってらっしゃる患者さんも多く、私のバレエのお話を聞いて下さったり、発表会前は励ましのお言葉をいただいたりもします。今年も、開場まで足を運んで下さった方もいらっしゃいました。

 嬉しい感想をいただいたり、楽屋にお菓子やお花の差し入れをいただき、皆様のお心遣い、本当に嬉しく思います。

 いただいた新聞の記事には、子どもたちが楽しそうに踊っている様子が載っていました。いつものレッスンで見せる表情とは全然違う舞台の顔になっていて、その写真を見ていると思わず笑顔になりました。

 これからも、見に来て下さる方々も出演者も、皆が楽しめる舞台になるようにしていきたいと思います。

(アンジュー店長)
スタッフの声 | 20:34 | - | -
バレエの発表会のお知らせ


 今年もバレエの発表会の季節がやってきました。1年がとても早く感じます。

 男性と踊るので、今月初め頃から減量も始めました。夏バテしてもいけないので、食事制限はほどほどにがんばりながら、筋トレをほとんど毎日続けています。

 そこで、今年もサプリメントが活躍です。「マルチミネラルビタミン」と「フラックスオイル」に加えて、毎年発表会シーズンに登場の「元気ですか」と今年から「マルチザイム」も摂っています。レッスン中の水分補給に、水で薄めた「元気ですか」を飲んでいますが、水だけのときよりも筋肉の疲労がだいぶましです。

 食事は、なるべく体に良さそうなものを選んで、朝とお昼は食べ過ぎないように、夜は少し控え目に食べています。「マルチザイム」のおかげでビタミンやミネラルが体にちゃんと吸収されたからか、昨年や一昨年ほど食事制限をしていないにも関わらず、体重が落ちてきました。 目標まであと1〜2kg!何とかできそうな気がしてきたので、がんばります。

 今年のメインの作品は「くるみ割り人形」です。夢のあるお話で、子どもから大人まで楽しめる演目です。毎年、メインの作品には、基本的に中学生以上しか出演しないのですが、今年はネズミの役として、小学1年生の子も参加しています。走り回っているようなことしかしていませんが、すごく可愛いくて、レッスン中に見るだけでも笑顔になります。
 
 私は、「金平糖」の役です。音楽も好きで、いつか踊りたいと思っていたのですが、やってみるとすごく体力のいる大変な踊りです。男性に持ち上げてもらうリフトも、大きいのが3つもあり難しいです。でも、この役をやりたかった人もいますし、子どもたちにとっても憧れの役。弱音をはいている場合ではありません。
 
 大きな失敗もなく踊りきれるように、舞台までに身体のコンディションを整えておこうと思います。 あとは、皆で楽しく演技ができれば嬉しいです。

 今年も楽しい発表会になりそうです。ご興味のある方は、是非観にいらしてください。

日にち:8月7日(日)
開場:12時30分
開演:13時
場所:宇治市文化センター(大ホール)
主催:辻孝子バレエ研究所

(アンジュー店長)

スタッフの声 | 15:37 | - | -
はじめまして


 こんにちは。今年の3月からこちらの研究所でアルバイトとして働いています坂本といいます。現在は府内の薬学部の6年生で、平日は大学に行き土曜日はこちらの研究所でお世話になっています。先生から「医療系の大学に通っているので、そのことを踏まえて書いてみては」とお話を頂いたので、私の通っている学部のことを含め少しお話したいと思います。

 私の入学した年度から、薬学部は6年制になりました。大まかに言えば「臨床現場により専門性に長けた薬剤師の育成を」という目標で移行したようでしたが、実際入学してみると大学側もどうしてよいのか判らず、手探りでカリキュラムを組んでいる状態でした。

 6年後の現在、私含め同学年の仲間も就職活動の真直中ですが、やはり4年制時に比べ製薬会社の研究や開発よりも、CROや調剤薬局薬剤師などより患者さんと近い職場の方が就職が決まりやすい傾向にあるようです。

 私自身も現在病院もしくは薬局で薬剤師として働くことを希望していますが、もともと人見知りをしてしまう性格なうえ、大学でも同年代の仲間と話すことがほとんどだった為、実務実習で実際に病院に行った際患者さんとのお話の仕方が判らず困ってしまった経験がありました。ですのでこちらの研究所で働かせて頂き、常に患者さんとお話できる環境にいさせて貰えることはとても有意義に感じています。

 先生とスタッフの小島さんはお二人ともとても優しい方で、要領の良くない私にも毎回親切に指導して下さいます。また先生に「よく足を捻挫しやすい」と相談をしたところ、空き時間を利用してすぐに診て下さいました。今まで気にしなかった立ち方・座り方・寝方・歩き方など、ふだん見過ごしやすい生活習慣を見直し意識し、私もいらっしゃる患者さんと同じように日々奮闘しています。

 私の専攻する薬学はどうしても病に掛かってからの対応に視点が向きがちですが、これからは医療従事者となる私自身も健康体で仕事に向かえるよう、少しずつですが努力していきたいと思います。 これからもよろしくお願いします!

アンジュースタッフ 坂本
スタッフの声 | 17:24 | - | -
胎児・乳幼児のための亜麻仁油
 昨年までアンジューでスタッフとして活躍されていた臨床検査技師の先生(ヨッシー)が、フラックスオイル購入をかねて、今日久しぶりの登場です。



 出産のために退社されたのですが、毎週毎週お腹が大きくなってきて、退社される頃には制服がはちきれそうになっていたのを覚えています。

 その頃お腹の中にいた赤ちゃんを連れてきて下さいました。産まれて3か月くらいだそうです。まだ本当に小さくて可愛かったです!!

 お母さんが毎日フラックスオイルを摂られているからでしょうか。すごく元気が良くて、お肌も光っているようにツルツルでした。まだ3か月なのに、ぐずることもなく、明るいとても賢い赤ちゃんでした。



 ヨッシーのお話しによると、この前フラックスオイルがなくなってしまったので数日摂らなかったら、すぐに風邪ををひいてしまった、とおっしゃってました。フラックスオイルを摂っていると、やはり体調がいいそうです。お肌の調子も良さそうでした。

 『医者も知らない亜麻仁油パワー(医博D・ラディン、C・フェリックス 共著、今村光一 訳)』には、次のようなことが書かれていました。

 「成人と同様に胎児も自分で脂肪を造れるが、成人同様に必須脂肪酸は造れない。胎児は必須脂肪酸は母親からもらうよりなく、母親はそれを食物とか自分の組織の中の蓄積から取るよりない。

 母親に必須脂肪酸がひどく不足しては、胎児は自分の脳の働きに必要なだけの必須脂肪酸を得られない。また、胎児も乳児もアルファ・リノレン酸からEPAやDHAは造りにくいので、妊娠中の母親と子どもにとっては魚や魚油がとくに重要なものになる。」

「妊娠の最後の時期と生後一か月の間に、子どもの中枢神経システムは加速度的に発育する。だからその発育のために必須脂肪酸を大量に必要とする。」

 妊婦や新生児の母親は、オメガ-3の必須脂肪酸の多い油を補わなければならない理由を読むにつれ私も将来は・・・心に誓いました。ヨッシーの赤ちゃんは本当に恵まれています。幸せです。お母さんに感謝!!です。

 私もいつか、妊娠・出産を経験するようなことがあれば、フラックスオイルを継続して摂ることで、子ども発育期の貴重な時間に、十分な栄養を与えられるよう意識していこうと思います。

【関連記事】

・亜麻仁油(フラックスオイル)バンザイ!! 皮膚がきれいになった!

・安寿の知恵より からだにいい「アブラ」と、注意したい「アブラ」

・安寿の知恵より リノール酸の問題点

・安寿の知恵より 細胞膜安定化の鍵はフラックスオイル(亜麻仁油)に多いα‐リノレン酸)

(アンジュー店長)
スタッフの声 | 19:16 | - | -
春のバレエ発表会


第23回JEUGIAカルチャーセンター春の合同発表会
「アクティブフィナーレ びわこ」が、今年も開催されます。

毎年この季節に、クラシックバレエやジャズダンスなど、JEUGIAカルチャーセンターで受講している生徒たちの発表会があります。

私もここ数年参加をしていますが、今年もがんばって出演します。
私の所属する辻孝子バレエ研究所は4月3日(日曜日)13時開演の部に決定しました。

今年は、私は高校生以上の出演者と一緒に「パキータ」という演目からアレンジして踊ります。
一人で踊る場面もありますが、みんなで一緒に踊る場面もたくさんあるので、今年は楽しいです。
少し練習不足が気になりますが、楽しんで踊れたらいいかな、と思っています。
毎年言っていますが、今年の目標も舞台の上で転ばないことです。

自分のことより気になるのが、私が教えている生徒たちのことです。
JEUGIAカルチャーセンター水口教室のクラシックバレエのクラスを任されて、早くも4年が経ちました。
開講当時から頑張って続けてる子どもたちもいます。
何回か舞台を経験している子どもたちは、毎年この発表会を楽しみにしています。

今年は初舞台の生徒が2人いて、その2人ともが4歳です。
まだうまく振り付けを覚えきれていなかったり上手に並べなかったりするので、いつもレッスンの様子をあたたかく見守っておられるご家族の方は、とても心配されているようですが、まだ4歳のお子様で、しかも初舞台なので、完璧にできなくて当たり前。
衣装をきて、ニコニコしながら舞台に立っているだけで可愛いのですから。
何回も舞台を経験している私でも、自分で自分の演技に満足できたことなど一度もないのです。
私はただ、どうか無事に、怪我もなく、インフルエンザや風邪にかからず、元気に楽しくみんなが舞台にたてますように、と願うだけです。

小さい子どもたちから大人まで、いろんな演目が上演されますので、今までバレエを観たことのない方でも楽しめると思います。
場所もJR栗東駅から徒歩で5分と、とても便利な場所にありますので、ご興味をお持ちの方は是非お越しください。

日にち: 4月3日(日)
時間: 13:00 開演 (12:30 開場)
場所: 栗東芸術文化会館さきら 大ホール
入場無料

(アンジュー店長)
スタッフの声 | 20:11 | - | -
バレエの発表会


今年も、バレエの発表会の季節がやってきました。
毎年8月にあるのですが、今年は8月8日(日曜日)です。

今年は4部構成で、小さい子供から成人クラスの方まで、90人以上の生徒が参加予定です。

私は、バレエコンサート集(古典の有名な場面を、ソロや、男性と女性の2人で踊ります)で、『ライモンダ』の3幕からグラン・パ・ド:ドゥを踊ります。
『ライモンダ』は、昔から音楽が大好きで、いつか踊ろうと決めていました。
実際に練習してみると、ものすごく体力のいる踊りですが、好きな音楽に合わせて踊るのは楽しいです。

毎年プログラムの最後に、中学生以上だけで、大きな作品を踊ります。
今年は『ドンキホーテ』です。
この作品は5、6年前にも1度やりました。
原作通りにはできないので、かなりアレンジをしていますが、とても楽しいお話しです。
前回は、私は3幕の主役を任されていたのにも関わらず、本番前に左足首の靱帯を切ってしまい、代役もいないので、痛み止めとテーピングを頼りに舞台に出たという、恐ろしい体験をしました。
今年は1幕に出てくる、「メルセデス」という踊り子の役ですが、絶対に怪我をしないように、日々気をつけています。

今年も「元気ですか」を摂っているおかげで、筋肉の疲労や体力は大丈夫です。
「元気ですか」は、マグネシウムとりんご酢が入った液体のサプリメントです。
マグネシウムは食事から摂った糖分をエネルギーに変えるときに必要なミネラルだと言われています。
また、りんご酢にも抗メタボ効果が期待できるので、「元気ですか」はマグネシウムとりんご酢のダブル効果で、舞台前には欠かせない私の減量アイテムです。
あと、毎日「マルチミネラルビタミン」と「フラックスオイル」も摂っているので、体調もいい感じです。

発表会まで、あと約2週間。
減量も、目標の体重まであと少し。
マグネシウムとりんご酢の抗メタボ効果に期待しつつ、食事にももう少し気を使って、今まで以上に体調管理をしっかりしていこうと思います。
今年も楽しい舞台になるようにがんばります。

開催日:2010年8月8日(日曜日)
会場:宇治市文化センター(大ホール)
開場:12時半
開演:13時
主催:辻孝子バレエ研究所

どなたでも気軽に観に来ることができますので、ご興味のある方は是非お越し下さい。
尚、チケットは受付のところにも置いてありますので、ご自由にどうぞ。

(アンジュー店長)
スタッフの声 | 15:30 | - | trackbacks(0)
シンデレラ東京公演
3月14日(日曜日)に、パリ・オペラ座バレエ団の「シンデレラ」を、東京まで観に行ってきました。

世界中には素晴らしいバレエ団がいくつもありますが、私はその中でもパリ・オペラ座バレエ団が大好きです。
DVDでは何回も観ていますが、実際の舞台を観たことはなく、いつか観てみたいと思っていました。
東京など、関東の方には度々来日公演がありますが、なかなか関西には来てくれず…。
いつも残念です。

ミュージカルなどの舞台を観るのが好きな友人が、「プロのバレエ団の舞台を観たことがないから、一度観てみたい。観るならバレエを知っている人と行きたい」ということで、私に声をかけてくれました。この友人は、10年以上前から、私のバレエの発表会を観にきてくれています。
パリまで観に行くことを考えると安いもんだ、と言いながら、思い切って二人で観に行く決心をしました。

今回の公演の演目は、「シンデレラ」と「ジゼル」でした。
どちらを観に行くかすごく迷いましたが、観ていて楽しい「シンデレラ」を選びました。

パリ・オペラ座バレエ団は、他のバレエ団とは少し展開が変わっていたり、振り付けや使う音楽が違ったりしているので、個性的でとても楽しいです。
初めてパリ・オペラ座バレエ団、ルドルフ・ヌレエフ振付の「白鳥の湖」を観たときは、感動しました。



今回の「シンデレラ」も私達がよく知っている童話のシンデレラとは少し違っています。
いつも継母と姉妹にいじめられ辛い思いをしていますが、心優しいシンデレラは最後には王子様とハッピーエンド、という軸のお話は同じなのですが、ストーリーの舞台は1930年代のハリウッドです。カボチャは馬車ではなく、高級車に変身です。
シンデレラは、父親の経営する簡易食堂に継母と意地悪な姉妹と4人で住んでいて、王子様はハリウッドの映画スターです。
この新しい「シンデレラ」のストーリー自体も楽しいのですが、シンデレラと王子様を取り巻く登場人物も個性的で魅力的ですし、バレエを観ているというより、まるでミュージカルを観ているような感じでした。
コミカルな踊りや場面もたくさんあり、衣装もすごく華やかでした。(衣装は森英恵さんのデザインです。)

私が観に行った日のシンデレラ役は、マリ=アニエス・ジローでした。他の女性ダンサーに比べて背が高いのですが、すごく可愛い優雅なシンデレラで、うっとり見入ってしまいました。
王子様役は、カール・パケット。数年前、京都にゲスト出演で踊りに来てくれていた舞台を観たことがありましたが、今回の王子様役もよかったです。金髪のサラサラヘアーで、立っているだけでも王子様でした。
継母のジョゼ・マルティネスの演技はとても楽しかったです。男性が継母役をしているのですが、なんと普通は女性しか履かないトウシューズを履いて踊っていてびっくりしました。この演出は観に行くまで知らなかったので、衝撃でした。
主役の二人以外に私が目を奪われたのは、ダンス教師役のバンジャマン・ペッシュでした。観ていて気持ちのいいジャンプに回転。はっきりした踊り方がすごく私好みです。
周りの群舞の人たちも皆が女優さんみたいに綺麗で、どの場面も、まばたきをするのも惜しいくらいでした。

チケット代も決して安くはなく、交通費なども考えると旅行に行けそうな金額になりましたが、思い切って観に行ってよかったです。
観に行く数日前から、チケットを何回もチェックして、本当に楽しみにしていましたが、期待通りの夢の世界でした。
たまには、日常生活から離れて、別世界に触れるのもいいな、と改めて思いました。
頻繁には行けないですが、これからも機会があれば舞台を観に行きたいです。
でも、できれば、今度は関西で…(笑)

(アンジュー店長)
スタッフの声 | 18:49 | - | trackbacks(0)
舞台写真


毎年、8月にバレエの発表会があります。私の通うお教室では、子供から大人まで仲良く楽しみながらレッスンをしています。その成果を毎年発表するのですが、趣味といっても発表会が近づくとレッスン内容がハードになってきます。子供たちは、特に衣装ができあがってくるとテンションも上がり、はりきって練習をしています。高校生くらいから大人になるにつれて、男性と踊る機会も増え、リフトをしてもらったり出番が長くなってくるので、減量や体力づくりもかかせません。

今年もその舞台写真ができあがってきました。たくさん撮ってもらった写真の中から自分が気に入ったものを買うのですが、写真はとても正直で、いつも自分の欠点ばかりが目に付き、なかなか選べません。

プログラムの一番最後に、中学生以上のほぼ全員で大きな作品を踊ります。今年は「ラ・バヤデール」というお話から2幕と3幕を上演しました。私はその中の「ガムザッティ」という役で、大変でした。今までしたことのないリフトもあり、初めて練習したときに恐すぎてお腹が痛くなりました。上の写真中央の紫色の衣装、リフトされているのが私です。本番だけはなぜか恐くなくて、無事にできてよかったです。

今まで、発表会前に体調をくずしたり、怪我をしてしまった年もあったので、今年は自己管理をしっかりしようと思い、アンジューの先生に栄養のことやテーピングの仕方について教えていただきました。減量と筋肉の疲労回復のために「元気ですか」というマグネシウムとリンゴ酢が合わさった液体サプリメントを飲み、免疫力を高めるために毎日かかさず「マルチミネラルビタミン」を摂りました。そのおかげか、今年は怪我も病気もせず、いいコンディションで挑めました。

年が明ける頃には、来年の発表会に向けての練習が少しずつ始まります。まだどんな作品をするかは未定ですが、来年はもっと自分で満足のいく演技ができるように、そしてもっといい写真を撮ってもらえるようにがんばります。

(アンジュー店長)
スタッフの声 | 15:15 | - | trackbacks(0)
二条駅
アンジューのタニヒロです。こんにちは。
祇園祭も終わり、だんだん真夏日も増えてきましたね。

私は二条駅近くに住んでいるのですが、
あのあたりが本当に様変わりをしたということを患者さんとよく話をさせていただいています。
そういえば、二条駅付近の工事が始まったのは20年近く前。
私は小学生でした。
いまいち旧駅舎がどんなものだったか記憶があいまいです。
そこで、アルバムを探していたら出てきました!
旧駅舎とその後ろに新駅舎が建っています。



旧駅舎は、貴賓室も設置された非常に立派な駅舎で全国的に知られていたそうです。
京都鉄道の本社を兼ねた駅舎で、建築家の伊東忠太によって手掛けられたものだとか。
そんな立派な駅舎は1996年に梅小路蒸気機関車館にそのままの形で移動しました。



次は今の二条駅です。
昔の写真と同じ、交差点の角から撮りました。
旧駅舎の跡はタクシーのロータリーに変わり、左側には映画館もある複合施設、Bivi二条が建っています。
駅と材木屋さんしかなかった頃とは全く違うものとなりました。

他にも地下鉄東西線は通り、生協もでき、立命館大学朱雀キャンパスもでき、近々仏教大学も建つということで、益々賑わってきそうです。

JRも地下鉄も市バスも京都バスも停まる二条駅。
映画館もありますし、少し歩けば二条城もあります。
近くにお立ち寄りの際はぜひ遊びに来てください♪
スタッフの声 | 12:53 | - | trackbacks(0)

▲PAGE TOP