<< June 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
それでも人を愛する犬
それでも人を愛する犬
田辺 アンニイ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
危険な油が病気を起こしてる
危険な油が病気を起こしてる
ジョン フィネガン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
 
ジュン4歳の誕生日
 今日はジュンの4歳のお誕生日です。バースデーケーキの美味しそうな匂いで食べる前から嬉しそうです。今は元気でなによりですが、生後しばらくは病弱でとても辛い日々を過ごしてました。



 4年前、我が家に来てから一人で淋しいせいか?ずっと涙でぐっしょりのアンジーにお友達を!と二匹めを飼うことを決意。アンジー♀はブラックタンで小柄だったので、次に迎えるのはクリーム♂のカニンヘンにしようと当初は考えていました。赤ちゃんも欲しかったので、迷わずアンジーを買ったお店へ行きました。(当時は保護センター等にいる不幸な境遇の犬を譲り受けるという発想がまだありませんでした。)

 クリームのダックスを見たいと店員さんにお尋ねしたら、今は体調が悪く陳列ケースに入れられない子が一匹いるだけとのこと。一瞬とまどいましたが、その子犬の雰囲気を一度見たかったので、店の奥から連れてきてもらいました。お客さんから見えない隔離されたケージにいたのは、病弱で下痢ばかりしているのがその理由でした。

 何とも情けない元気のない子でした。骨太で大きくカニンヘンとはほど遠いイメージに、自分勝手ですが少しがっかりしながら帰りました。その後、同じお店で備品等を買いに行く度に、新しい子が入っていないか見に行くようになりました。

 するとお店の店員さんは頼んでもいないのに、その体調の悪い子犬を連れてくるようになりました。今のままだと、大きくなるにつれて、飼い主さんに巡り会う機会もない環境で大切な時期を過ごすことになります。この子の将来をきっと不憫に思われていたのでしょう。私も何度も顔を合わせるうちに情が移ってしまい、いつもの体調の悪い子は我が家の家族となりました 。

 家に連れて帰った当日は、新しい家族が増え喜びました。名前は誕生日が6月なのでジュンと命名しました。そして今まで辛い思いをしてきたから大事に育ててあげようと誓っていました。
 しかし翌日のジュンの姿を見て驚きました。ゲージの至る所が真っ赤になっていたのです。下血して加えて嘔吐までしています。慌てて犬の病気の本で調べると、バルボウイルスに感染したときの症状と酷似していました。

 早速お店に連絡しショップの提携先の動物病院で検査入院させることになりました。入院して1ヶ月以上経過しても症状は快方に向かいませんでした。ウイルスか菌か、培養してもその特定ができないため病名も定まりませんでした。

 ジュンに飼い主がいなければ、ショップ側も時間とお金を費やしてまで長らく治療を継続させることはなかったでしょう。あと二日ジュンを引き取るのが遅かったらと思うと、ぞっとしました。

 「回復に時間がかかっても、今は飼い主さんがいるから、ジュンのことを見捨てずに、一生懸命治療してくれたはるよ」と、遠くの病院で闘病しているジュンに、心で頑張れと励ましていました。

 入院してからは気になって数日おきぐらいに、「ジュンの体調はどうですか?」と尋ねる日々が過ぎていきました。しばらくしてから、ショップの担当者の方から電話がありました。

 「回復がおもわしくないので、よろしければジュンくんの兄弟で元気で健康な子がいるから、その子と交換をしましょうか?」と提案がありました。たとえ数日でも一緒に暮らしていたらもう家族の一員です。「ジュンが元気で帰ってくるのを待っています!」と、そのお申し出をさえぎるように即答でお断りしました。



動物病院で入院中のジュン。姿を見たいとの要望に応えて写真を送ってもらいました。相変わらずしんどうそうな姿に当時はがっかり。

 それから半月ほど過ぎて、ようやくジュンの熱が下がり始めたとの連絡がありました。正直、治療に時間がかかりすぎた為、もうダメかもしれないと諦めも僅かにあったので、ジュンが家に帰ってこれるのが信じられませんでした。退院後も下痢は続き毎週のように病院通いが続きましたが、下血は完全に治まってきました。


提携の動物病院へ入院させるためペットショップに預けにきたが、もう二度と会えないような気がして1時間程車から降りられずジュンと一緒に過ごす。ジュンもまた離ればなれになるのが分かったのか、目にいっぱい涙をためていた。それがしばらくするとポロポロと流れ落ちていた。


遺伝性の目の病気はあるけど、病弱だった頃が嘘のように元気で食欲旺盛なジュン。無事4才になってよかった。

(アンジュー店主)

【関連記事】

ジュンは御所が大好きです 2009.08.25

Happy Birthday アンジーは4歳になりました 2010.04.22
愛犬とお友達 | 23:17 | - | trackbacks(0)
梅雨の晴れ間に
 ここ最近の休みは雨降りが多かったので、今日のような梅雨の合間の青空は有り難かった。あいにく気温・湿度は高く不快指数も相当なものだったが、アンジー&ジュンのリードを引っ張る力はいつもより強かった。長い間室内で過ごしていたため相当ストレスがたまっていたようだ。
 思い返せば、ここのところアンジーは梅雨空を恨めしそうに眺めていることが多かった。ジュンも窓越しで雨の気配をずっと感じていたようでした。今週、御所の散歩は諦めていたから、今日の梅雨晴れには助けられた。



「梅林」のベンチで休憩。
ジュンは水をがぶ飲みして口の周りがベトベトになりました。


お気に入りの「バッタが原」で休憩。
「今日はとくに暑いなぁ」って、ジュンがアンジーに話しかけているようでした。

(アンジュー店主)
愛犬とお友達 | 20:20 | - | trackbacks(0)
子育て応援プロジェクト-0902 講演会のお知らせ/癒し雑貨のお店アンジュー
講演会
子育て応援プロジェクトー0902

あなたの“たからもの”はあなたがまもる!

山田 豊文先生
「親子で知っておかなければならない正しい食生活
〜子どもはだれでも天才になれる〜」
・杏林予防医学研究所所長
・米国公益法人 ライフサイエンスアカデミー主宰
著書:『細胞から元気になる食事』
   『脳がよみがえる断食力』 

武内 一先生
「髄膜炎関連ワクチンを定期接種へ」
・細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会 副代表
・耳原総合病院 小児科医
・仏教大学社会福祉学部教授
著書:『Hib感染症とHibワクチン』

子どもたちのすこやかな成長を願って、いのちをまもる「ワクチン」についてと、いのちをつなぐ「食」についての講演会を開催いたします。ご一緒に学び、考えましょう。

日時:2010年7月11日(日)13:00〜15:30
会場:こどもみらい館(中京区間之町通竹屋町下ル)
   鷙075-254-5001
参加費:無料 先着200名様
申込:Eメール sikitayama@gmail.com
FAX:075-213-0153

主催:国際ソロプチミスト京都ー北山
後援:京都市教育委員会

(アンジュー店主)

杏林予防医学研究所 | 18:46 | - | trackbacks(0)

▲PAGE TOP