<< November 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
それでも人を愛する犬
それでも人を愛する犬
田辺 アンニイ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
危険な油が病気を起こしてる
危険な油が病気を起こしてる
ジョン フィネガン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
 
脳の働き、食事で改善
 日本経済新聞2010年11月20日(土曜日)「NIKKEI PLUS1」13面に山田豊文所長の記事が掲載されました。

 「脳の働き、食事で改善」と題し、オメガ3、レシチン、タウリン、炭水化物の摂り方、食事での摂取法、トランス脂肪の表示、などがわかりやすく書かれています。
 
うつ病、認知症などの患者が増え、集中力の低下や感情のコントロールに悩む現代人も少なくない。この原因の一つに食習慣の問題があると考える医者や学者が目立ってきた。脳の働きを改善するといわれる食事法についてまとめた。

脳の働き、食事で改善

 脳には千数百億個の神経細胞が集まっている。目や耳などで得た情報は、神経細胞を伝う形で脳内を駆け巡る。脳の働きが良いとは、この細胞間の情報伝達が円滑に進むことだ。
 脳の働きを良くするには、細胞が喜ぶ食物を取ることが大切だ。理化学研究所脳科学総合研究センターの吉川武男医学博士は「神経細胞は日々の食事で取る脂肪でつくられる」と語る。脂肪のほか、細胞間で情報を伝える物質の主原料であるたんぱく質、情報伝達のエネルギー源となる炭水化物は、脳にとって重要な栄養素といえる。
 専門家の間で脳の働きを改善するため特に重視されているのは脂肪だ。栄養療法の権威、米国のマイケル・レッサー医学博士は、「神経細胞は主にオメガ3脂肪酸という油で作られるが、体内では作られないため、食事で積極的に取る必要がある」という。体に良いとされるドコサヘキサエン酸(DHA)はオメガ3脂肪酸の一種だ。
 具体的には、オメガ3脂肪酸を豊富に含む亜麻仁油や小魚などがお勧めだ。亜麻仁油は加熱せず、サラダなどにかけて食べるとおいしい。個人差はあるが、毎日小さじ1杯でも、健康効果が得られるという。

 大切な大豆・玄米

 また、大豆や玄米などに含まれるリン脂質のレシチンを取ることも大切だ。プロスポーツ選手の栄養指導を行う杏林予防医学研究所の山田豊文所長は「レシチンは神経細胞の細胞膜などを構成する物質で、IQ食品とも呼ばれている」と話す。
 食べ過ぎに注意したいのは、マーガリンやショートニングなどに含まれるトランス脂肪酸という油だ。動脈硬化を起こす恐れがあるという理由で、欧米や韓国などでは成分表示や使用規制が課せられている。日本でも消費者庁が成分表示の義務化に向けた検討を12月に始める。内閣府・食品安全委員会が食品ごとの含有量を公開している。
 英国ではトランス脂肪酸が脳の活動に必要な酵素の活動を損ねるという論文が発表されている。「2000年以降は類似の論文発表が多く、摂取は控えた方がよい」(九段クリニックの阿部博幸医学博士)という見解もある。

 穀物や豆多めに

 神経細胞間の情報伝達に関係するたんぱく質や炭水化物も大切だ。積極的に取りたいたんぱく質は、タコやイカに多く含まれるアミノ酸の一種、タウリンで、集中力を高める効果がある。「脳が興奮してくるとイライラしがちになるが、タウリンがその興奮を抑える」(幼児教育などを手掛けるしちだ・教育研究所の七田真裕美副社長)という。
 日常的には、穀物や豆など、植物性のたんぱく質を多めに取りたい。「植物性の食品は動物性食品に比べて、神経細胞の生成に必要なビタミンやミネラルが多く、脳の働きの改善につながる」(阿部医師)
 動物性たんぱくは主に小魚から取るのが良いが、肉も必要だ。「油の少ない良質な肉やビタミンB₃を摂取すると、脳内でうつ状態などの改善に役立つ化学物質が作られる」(阿部医師)といわれる。食べ過ぎは体の負担になるので良くないが、週に最低100㌘程度は食べた方がよいという。
 神経伝達物質を送り出すエネルギー源になる炭水化物についても、以前は砂糖を取ると頭の働きが良くなるとされていた。しかし、今は「血糖値を急激に上げ下げするため脳の働きが不安定になる」(山田所長)という見方が増えている。
 そこで活用したいのが、炭水化物が消化されてブドウ糖に変化するまでの速さを示す「グリセミック指数」だ。この数値が低い(変化まで時間がかかる)玄米や全粒粉のパン・パスタなどの食品を取るのがお勧め。難しければ胚芽(はいが)米や普通のパスタなども良い。
 消化を良くするため、これらの食品をよくかんで食べることも大切だ。また、どうしても不足しがちなビタミン、ミネラルなどの栄養はサプリメントを通じて取ってもよい。

 海藻や豆、解毒作用ある食品も

 現代社会では、日々の食材から有害な物質を無意識に取り込んでしまうことが多い。「農薬や水銀などは脳の健康にも当然良くない」(阿部医師)
 魚介類に含まれる水銀の量は農林水産省・水産庁が公開している。大型の魚ほど、食物連鎖により水銀の濃度が高まる。オメガ3脂肪酸の摂取源として小魚が推奨されるのはこのためだ。
 ただ、食材にこだわっても、有害物質を全く取り込まないのは難しい。そこで知っておきたいのは、有害物質を排出する効果のある食品だ。
 例えば、「海藻や豆などに含まれる亜鉛は肝臓で働く解毒酵素の材料になり、タマネギや玄米などに含まれるセレンは水銀を無毒化する作用がある」(山田所長)という。  

以上 日本経済新聞2010年11月20日(土曜日)
「NIKKEI PLUS1」13面より転載

 肝臓で働く解毒酵素の材料になる亜鉛や、日本人に多いとされる水銀を無毒化するセレンなどの微量ミネラルは解毒だけでなく様々な生命活動に欠かせない働きをしています。

 このように大事な微量ミネラルですが、毎日摂取して体内で吸収されるのは簡単ではなさそうです。1日に30品目を食べると1日に必要な栄養素がとれるといいますが、これを毎日実行するのは大変です。そこで覚えていただきたいのが、「マ・ゴ・ワ・ヤ・サ・シ・イ」です。

 「マ・ゴ・ワ・ヤ・サ・シ・イ」の頭文字に相当する7品目の食材で、30品目分の栄養が摂れるとされています。

  「マ」:マメ、豆類、納豆や豆腐、味噌など大豆類
  「ゴ」:ゴマ、ナッツなど
  「ワ」:ワカメなどの海草類
  「ヤ」:ヤサイ
  「サ」:サカナ
  「シ」:シイタケなどのキノコ類
  「イ」:イモなどの根菜類

 私は食材選びから調理方法まで、できるだけ食事には気をつかうよう心がけていますが、それでも不足するミネラルビタミンはあると思うので、マルチミネラルビタミンなどのサプリメントで補うようにしています。

 私の知る範囲でも、最近ご家族でサプリメントを摂っておられるというお話をよくお聞きします。サプリメントに頼るのではなくて、不足するであろう栄養素分を補うという考え方が、皆さん共通しています。補うことに着目されるご家庭ですから、日々の食生活の食材選びや調理方法も工夫されています。素晴しいことですね。

 私もお買い物中に、「マ・ゴ・ワ・ヤ・サ・シ・イ」を思い出しては、食材を足して買うことがよくあります。脳の働きが低下して病名がつくところまでいくと、仕事が困難となるだけでなく、家族にも負担をかけることになります。そうならないように日々の食事に気をつけるようにしています。

(アンジュー店主)
杏林予防医学研究所 | 18:04 | - | trackbacks(0)
京都御所秋季一般公開2010
 京都御所秋季一般公開の最終日の11月21日(日)は、御苑周辺まで多くの観光客の方で賑わっていた。一般公開は事前の申込手続きの必要がないので、気が向けばワンちゃんの散歩がてらに愛犬と一緒に参観できる。念のためにと係の人に尋ねて初めて「犬は抱っこしたままでお願いします」と返答があるくらいのおおらかさ。



 宜秋門(ぎしゅうもん)から入門すると、まず最初の撮影スポット(?)御車寄(おくるまよせ)が現れる。最前列でジュンを左手に抱えながらカメラを構えるのがここではやっとだった。陽の照り返しで写真のハイライト部分は飛ぶことも予想されたが、撮影場所を移動する余裕はなかった。

 ここでは賀茂祭「進発(しんぱつ)の儀」(人形3体)が展示されていた。宮内庁のサイトによると、「賀茂祭(葵祭)行列の出発に際し,御車寄に近衛使(このえづかい),奉行(ぶぎょう),奉行属(ぶぎょうぞく)が着座し,上賀茂神社からの迎えの者の挨拶を受けている様子」と分かりやすく説明されている。御車寄は昇殿を許された者が正式に参入するときの玄関。



 
新御車寄(しんみくるまよせ)は、1915年(大正4年)、大正天皇の即位礼に際して、天皇皇后陛下のための玄関として建てられた建物。

 写真は奇跡的に参観者が途絶えたところで、慌ててシャッターを切った。最近のカメラは手ぶれ防止機能があるので助かる。



 月華門(げっかもん)は、紫宸殿南庭(なんてい)の西側の門。朱塗りが鮮やかだ。



 建礼門と紫宸殿の間にある承明門(じょうめいもん)からの紫宸殿を撮影。この頃には、ジュンを左手に抱えながらも最前列に潜り込む要領を得てきた。




 
紫宸殿(ししんでんは、即位礼などの重要な儀式を執り行う最も格式の高い正殿。大正天皇、昭和天皇の即位礼もこの紫宸殿で行われた。内部の中央が「高御座(たかみくら)」で、その右に「御帳台(みちょうだい)」が見える。建物から向かって右側に「左近の桜」、左側に「右近の橘」があり、前面には白砂の南庭(なんてい)」が広がっている。




 
清涼殿(せいりょうでん)は平安時代、天皇が日常の御生活の場として使用された御殿で、入母屋檜皮葺(いりもやひわだぶき)の寝殿造り。釣灯籠(つりとうろう)5基,年中行事「更衣(ころもがえ」(人形5体)が展示。この建物は、平安時代のものより小さくなっている。




 
御池庭 池を中心とした回遊式庭園。前面は州浜で、その中に舟着きへの飛石を置いている。右手に欅橋が架かり、対岸には樹木を配し、様々な景色を楽しむことができる。






 
御内庭 曲折したつくり水を流して、土橋や石橋を架けた趣向を凝らした庭で、奥に茶室を構えている。




 
御常御殿(おつねごてん)室町時代以降、天皇が日常のお住まいとして使用された御殿。
 この頃には重くなったアンジーの抱っこで、アンジー&ジュンママがだいぶお疲れの様子。御苑内を一周してから、一般公開を参観したのでよけいだ。私は朝一枚のトーストだけで空腹のほうが勝っていた。ジュンはずっと左手だけで抱えていたので、体勢が悪く疲れたかなぁ。後から心配になった。来春はダックス用バックを用意して、紫宸殿の左近の桜を観たいと思っている。

注):引用部分は段落変更し本文より字下げして囲っています。パンフレット『京都御所一般公開(宮内庁京都事務所)』

参考:宮内庁Website 京都御所一般公開
(2010.11.21アクセス)
http://www.kunaicho.go.jp/event/kyotogosho/
kyotogosho.html

(アンジュー店主)
京都御所 | 23:39 | - | trackbacks(0)
MacBook Airがやってきた。


 MacBook Airがやってきた。解禁日に届くボジョレー・ヌーヴォーのようだが、フルモデルチェンジした13.3インチMacBook Airはすごくキレイだ。

 去年の12月、iMac27インチがアンジューに仲間入りしてから、約1年ぶりに手にする新しいMac。とりたてMacの大ファンでもない私は、大騒ぎしていたipadには全く興味がわかなかった。しかし、蓋(ふた)があり、フルサイズのキーボードまで備わっているNew MacBook Airは即ゲットした。やはり昔人間なのか、タッチするとへこむキーボードと、何よりも蓋がないと不安なのだ。

 ところで自分のモノのように書いているMacBook Airだが、実はアンジー&ジュンママに一足早いクリスマスプレゼントとして購入したもの。

 前回購入したiMacはメモリやグラフィックス機能など、Macのスペックを最高レベルにカスタマイズしたおかげで、購入はApple storeと限定された。今回はメモリ増設などの予定もなく、価格が同じならという理由で、ポイントがつく京都ヨドバシカメラで手に入れた。

 新しいMacBook Airは最前部は僅か3㎜と薄くて1.32kgと軽い、しかも一枚のアルミ板から削りだされたボディの質感が素晴しく美しい。一度この軽さを知るだけで、もうMacBook proを持ち運びするのが嫌になる。MacBook Airには語れる魅力が驚くほど満載なのに、かさばらず重さを我慢する必要もないのだ。

 Ipadの先進テクノロジーをひとつに凝縮しただけではなく、Macの歴史ではじめて標準搭載されたフラッシュストレージによる高速化と省電力化に、この数日間使うたび驚嘆している。様々な「初めて」を世の中に送り出してきたMacBook AirのCMに偽りはなかった。



 でもアンジー&ジュンママには、そんな機能はどうでもよさそうだ。ワンコたちのお気に入りの写真が、iPhotoのBGMつきスライドショーで、いつでもどこでも見ることができる、それだけで幸せなのだ。 

(アンジュー店主)
忙中有閑 | 14:03 | - | trackbacks(0)

▲PAGE TOP