<< February 2011 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
それでも人を愛する犬
それでも人を愛する犬
田辺 アンニイ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
危険な油が病気を起こしてる
危険な油が病気を起こしてる
ジョン フィネガン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
 
マルチザイム


 毎日の食事で不足する栄養素を補う目的で、マルチミネラルビタミンなどのサプリメントを摂って5年程経ちました。以前は、年に一度くらい風邪の熱で仕事を休むこともありましたが、アメリカの栄養療法を参考にして、また日本人の食性を考慮したマルチミネラルビタミンを摂るようになってからは皆勤です。

 しかし熱はでないものの、のどが痛くなったり咳が続いたりすることが最近あります。「ビタミンの効きが悪くなっているのかなぁ」と思うこともしばしばでした。これまで通りビタミンを摂っているのに、どうしてかなと疑問に思い、京都南カイロの院長にお尋ねしました。先生は「消化酵素の分泌が悪くなっているのかもしれないね」と、胃酸や膵液からの消化酵素のお話をして下さいました。

 このような場合は「マルチザイム」がいいようです。杏林予防医学研究所所員さんは、次のような方にこのサプリメントをアドバイスされるようです。

・胃酸の分泌が低下しそれに伴い消化酵素の生産分泌能力が低下している方
・毛髪分析結果にて「吸収不全」と考えられる方
・タンパク質素材依存型の食生活をしている方
・減量を行っているがあまり効果が現れない方
・サプリメントや健康を意識した食材を積極的に摂られているがあまり効果が現れない方

 40才以降になると胃液が減少することが多いようです。50才の方の消化酵素の分泌は25才の方の3分の1とも言われています。日本では食後の胃酸の分泌状態を調べる検査は行われていないので、皆さんには馴染みの無いお話だと思います。

 アメリカで分子栄養学を実践するドクターは、日本の現状からすると驚かれるかもしれませんが、胃酸の減少が考えられる患者さんに対して、超音波の小型カプセルを診断の為に飲んでもらい、食後の胃酸の分泌状態をモニターしていくそうです。

 欧米では胃酸の少ない人が多いそうですが、日本でも丁寧に検査すれば同じような検査結果が得られるのではないでしょうか。アメリカでは胃酸の分泌が無い方には塩酸のカプセルを、分泌の少ない方には植物性の消化酵素を処方されることが多いようです。これらの消化酵素のサプリメントは食事の直前に摂りますが、私はつい摂り忘れすることが多いので、食後に他のサプリメント一緒に飲みます。

 さて元々、生の食材には「酵素」が多く含まれ、加工食品よりも消化の助けになるようですが、現代の食生活はほとんど奪い去られてしまいます。酵素はミネラルやビタミン同様に生命の基本物質で、酵素なしに生命活動ができないことは、生化学や分子栄養学の初歩的なところで何度も登場します。
 
 ところが日本のサプリメントには酵素はおろか消化を考えたものがなかったのです。

 杏林予防医学研究所の山田先生は、ダイエットが成功しないときは、ビタミン・ミネラルなどの補酵素が体内に少ないために代謝が上手く働いていないからだと言われます。

 バレエの発表会を控えて減量が成功しないのも、そのせいかと考えています。今年も4月と8月に発表会があるので、そろそろ体重のコントロールも始めないといけません。とりあえず自分を追い込むために(笑)、4月に着る衣装を実家から持ってきました。この衣装は7〜8年前に作ったもので、今より細かったはず…。

 私の毎年の減量必須アイテム「マルチミネラルビタミン」と「元気ですか」に今年は「マルチザイム」もプラスして、くじけずにがんばろうと思います。

(アンジュー店長)

URL マルチザイム詳細ページ
【関連記事】胃液の不足

杏林予防医学研究所 | 09:26 | - | -
フードインク
 今から20数年前、アンジューに「飽食の予言(1)(2)(3)」という本を各巻10冊程度置いていた。数が多いのは販売目的ではなく、安全な食を求めるお客様の参考文献として貸し出し用にしていた。著書は岡庭昇氏で、これまでTVドキュメント『怒れ!グルメ・これでいいか日本の食卓』三部作を手がけ、劇薬漬けの養殖魚、化粧野菜、輸入食品、水道水などの隠された危険性を暴いてこられた。

 あれから四半世紀経ったが、「食」を取巻く問題は、少しはよい方向に向かったのだろうか。

 アメリカの長編ドキュメンタリー映画「フード・インク」が、現在東京渋谷のシアターイメージフォーラムにて上映されている。(順次全国にて上映予定)
「ザ・コーブ」と並びアカデミー賞にノミネートされた作品で、現代の食の裏側の実態を詳細に描いている。19日からはオーストリアのドキュメンタリー映画「ありあまるごちそう」が上映される。地球生物会議(ALIVE)事務局さんによると、この映画も先進国の飽食の実態を描いた作品で、どちらも私達の生活に密接に関わっている問題とされている。

 また「フード・インク」では大規模工場畜産による動物への虐待も映し出されており、肉食や動物性食品の生産の仕方を問うものと説明されている。

http://www.cinemacafe.net/official/foodinc/



(アンジュー店主)
忙中有閑 | 21:14 | - | -
亜麻仁油の風味が苦手な方へ/癒し雑貨のお店アンジュー
 毎朝パンに亜麻仁油をつけて食べている。沢山パンにつけすぎた時など、口へ届く前に亜麻仁油をポトポト床に落としてしまうことがある。我が家の愛犬はそれを見過ごさず、床に落ちたオイルをぺろぺろと舐めている。アンジーとジュンは亜麻仁油が大好きのようだ。
 
 杏林予防医学研究所の山田豊文先生はスプーン一杯の亜麻仁油をそのまま摂られるそうだ。健康な人ほど、好き嫌いは少ないという話をよく聞くが、私はそのまま飲む域にはまだ達していないので、より最善の健康を目指す必要がありそうだ。

 しかし患者さんの子供さんのなかには、亜麻仁油が大好きな小学生が沢山いることを知って驚いた。というのも亜麻仁油の味が苦手との声を、患者さんやお客さん(ともに大人)からよく耳にしていたからだ。現代人はマーガリンやショートニング、精製油など有害な油を摂取することが多く、さらに間違った常識によって体内の脂質バランスが崩れたために、さまざまな現代病を誘発していることは周知のとおりである。

 本来は好き嫌いなど言ってられないのだが、それでも風味は苦手との声は、多くはないが少なからずあった。「ニュージーランド産亜麻仁油」は、超低温圧搾30度以下を実現し、クリアでスッキリとした味になっている。特に、圧搾温度にこだわっているため、味が良いとご好評いただいている。圧搾時の温度が低いほど、できあがった油は雑味が少なくなるのだ。杏林予防医学研究所所員の方も「従来の亜麻仁油は味が苦手で飲みにくいという方にも自信を持っておすすめできる味になっています。」と話されていた。

 オメガ3系脂肪酸が不足しておられるような患者さんに、苦手意識なく摂っていただけたら嬉しい。その恩恵は摂られたご本人に還ってくるとはずだと信じている。



ニュージーランド産亜麻仁油の仕様

・名称:オーガニックフラックスシードオイル
・原材料名:有機食用亜麻仁油
・内容量:250ml(グラム換算で231g)
・賞味期限:製造日より14ヶ月
・保存方法:直射日光や高温・多湿を避け、
 涼しいところで保管して下さい。
 開封後は5週間以内にお召し上がり下さい。
 冷凍することもできます。
・原産国:ニュージーランド
・お召し上がり方:1日にカレースプーン1杯を目安にお召し上がり下さい。
・税込価格 3,360円

【栄養表示:100gあたり】
・エネルギー 882kcal・たんぱく質 0g・脂質 100g・炭水化物 0g・ナトリウム 0.7mg

【内容成分:100gあたり】
・オメガ3脂肪酸 58‐65g・ビタミンE 8.1mg

【関連記事】

・亜麻仁油(フラックスオイル)バンザイ!! 皮膚がきれいになった!

・安寿の知恵より からだにいい「アブラ」と、注意したい「アブラ」

・安寿の知恵より リノール酸の問題点

・安寿の知恵より 細胞膜安定化の鍵はフラックスオイル(亜麻仁油)に多いα‐リノレン酸)

・胎児・乳幼児のための亜麻仁油


(アンジュー店主)
杏林予防医学研究所 | 21:25 | - | -

▲PAGE TOP