<< March 2012 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
それでも人を愛する犬
それでも人を愛する犬
田辺 アンニイ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
危険な油が病気を起こしてる
危険な油が病気を起こしてる
ジョン フィネガン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
 
第24回 JEUGIAカルチャーセンター 春の合同発表会


 小島です。

 今年もバレエの発表会の季節がやってきました。
 4月8日(日)に「第24回 JEUGIAカルチャーセンター 春の合同発表会」が開催されます。
 毎年思いますが、1年は早いものです。
 まだまだ先な感じがしていましたが、気付けばもう来週です。

 私の受け持っている教室の子どもたちも出演しますが、今年は初舞台の子が3人います。
 衣装を渡したときも大喜びで、初めての発表会を楽しみにしているようです。
 まだまだ寒い日が続き、風邪でレッスンをお休みする子どもが毎週1人はいるような状況ですが、当日は全員で元気に出演できることを願います。

 私は、今年は「瀕死の白鳥」を踊ります。
 とても有名な作品で、プロの人の踊りを見るとすごく感動します。
 昔から憧れていた作品で、私がバレエを引退するまでに一度は踊ってみたいと思っていました。
 せっかく踊るチャンスをいただいたので、一人でも多くの観客の方に何か感じてもらえるように精一杯がんばります。

 会場は滋賀県栗東にある「さきら会館」です。
JR栗東駅のすぐ目の前で交通の便利が良く、入場も無料でどなたでも来ていただけます。
 お時間がございましたら、是非ご来場ください。

日にち:4月8日(日曜日)
時間 :会場 13:00
    開演 13:30(予定)

(途中入場・退場可能です。)

(アンジュー店長) 
スタッフの声 | 14:42 | - | -
季刊誌「めいりん」
 昨年からボランティアで、明倫自治連合会が年4回発行する「季刊誌」(発行部数3,500冊)の制作をしています。

 私自身が作成した原稿を含め、度重なる変更や修正を経て完成した原稿データー(Illustratorのaiファイル)をDTPソフトに配置し、最終チェックを行って印刷会社へネットでPDF入稿する作業を、私は担当しています。

 不具合のある原稿を大量に印刷することになれば責任重大なので、ひとつひとつのファイルの確認は神経を使います。製作期間は一週間位で治療のかたわら集中して作業しています。

 具体的には、Photoshopという画像編集ソフトのpsd画像を配置したIllustratorのaiファイルを作成します。次に「InDesign CS5」というDTPソフトにIllustratorで作ったaiファイルを1ページ1ページ配置していきます。

 Webでは私の場合、これまでFireworksを使用することが多かったのですが、商業印刷の場合のカラーモデルはCMYKの4版で印刷されるため、Illustratorに配置する画像はPhotoshopでつくっていきます。

 最終的には、断裁作業の過程で白い余白部分が生まれないようにする「塗り足し」や無意識のうちに色の上に色をのせる「オーバープリント」などのエラーがないか等をチェックします。問題がなければ、ようやくInDesignで印刷会社指定のPDFファイルに変換して、完成したデーターをPDF入稿します。

 PDFに書き出すことで、リンク画像の添付忘れやフォントアウトライン忘れなどの入稿ミスは解決されるので、印刷会社はPDF入稿をお勧めされます。しかしIllustratorのaiファイルをInDesignで編集する場合、上記のミスはこの作業中で明らかになります。またIllustratorに戻って作業するので上記のミスは起こりませんが「塗り足し」でうっかりすることがあります。

 今回の季刊誌めいりん「春」号は昨日入稿を終えました。実際完成品を見るまではドキドキですが、不具合がありませんよう毎々願うばかりです。

 アンジュー・京都南カイロプラクティック研究所には常に置いていますので、関心のある方はどうぞお持ち帰り下さい。




普段はあまり触りたくない... AdobeCreativeSuite5.5DesignStandard

(アンジュー店主)
忙中有閑 | 17:22 | - | -
体によし
アンジュー店長の小島です。

 大変長らくご愛顧いただきました、「やまだGEN氣(催芽玄米)」ですが、3月末をもちまして販売終了とさせていただく事となりました。詳細等につきましては、お手数ではございますが、弊社あるいは(株)ニューサイエンスまでお問い合わせ下さい。

 今後、やまだGEN氣に代わる玄米として長野県産の完全無農薬米をご用意いたしました。

 農薬を使わないで、合鴨に除草や害虫駆除をさせる合鴨農法は、風通しをよくして合鴨たちが働きやすくするため、通常よりも少なめに苗を植えて隙間を空けます。
 この農法は大変手間がかかりますが、その分、安心でとっても美味しいお米ができます。この有機農法の集大成ともいえるお米が、体に良いお米「体によし」です。一度食べていただければ、食感や旨味の違いにご納得いただけると思います。



■商品名:体によし
■JAS認定米、無農薬・有機米、合鴨農法
■容量:5kg入り
■価格:玄米5,000円(税込)、白米5,500円(税込)

今後とも、皆様の食の安心・安全をご提供できるよう取り組んでまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

追記:
アンジュー店主の食べ歩き雑感(仮名)や花、ワンちゃんの散歩ログなどは、「facebookページ 荒川善治(藤本善治)」に移行しつつあります。またお時間がありましたらご訪問下さい。

また私(小島)のfacebookページでもバレエに関する写真等をアップしています。またご興味の持たれる方は是非ご覧ください。



(アンジュー店長)

杏林予防医学研究所 | 07:48 | - | -
『マンガ 読んだらヤセる本』/癒し雑貨のお店アンジュー
 ぐるなびも追いつかないほど、家の近くの烏丸界隈は新店ラッシュ。グルメな週末スタイルが大好き層をなかなか飽きさせません。
 FaceBookにも近くの新店を写真upして短いコメントを初めて書いてみました。画像は本ブログのようなトリミングの必要もなく、メッセージも一言で大丈夫だから快適ですね。
 さて私もお正月太りが戻らないまま、過食に拍車をかけるような住環境に逆らうことなく、週末を過ごしているので近頃大変な状態です。
 ちょうどいいタイミングで、山田豊文所長(杏林予防医学研究所)の『コミック本』が発売されました。マンガのタイトル通りになることを願って、以下、ご紹介させていただきます。

●タイトル…『マンガ 読んだらヤセる本』
●出版社…サンマーク出版
●監修…山田豊文
●価格…1,260円(税込)
●発売日…3/3(土)

<あらすじ>

主人公の二子加奈(ふたこ・かな)はやや肥満気味の女の子。
体調も悪く、職場でもイライラしがち。一念発起して自己流のダイエットに挑戦するも、なかなか効果があらわれず、いやな出来事も重なって自暴自棄に。

そんな時、大学時代の同級生・木村涼太郎(きむら・りょうたろう)に街で偶然出会う。大学時代とは様変わりした、見るからに健康そうな涼太郎から食事のアドバイスを受け、「生活革命」を始めた加奈。すると、心と体がどんどん変わっていくのを感じた。



 杏林さんの所員さん曰く、「たかがマンガ」とあなどるなかれ!だそうで、“細胞から元気になる食事”のポイントが、要所要所で分かりやすく押さえられていて、情報満載の1冊なのでお勧めされています。
 私は同年代の男性諸氏と同様に、少女マンガのタッチがどうも読みづらく苦手。本宮ひろ志さんならサクサク読めるのになぁと勝手なことを思う。わがままも肥満の一つの原因となるようだから、日頃の過食を反省しつつ頑張って読んでみようと思う。

(アンジュー店主)
杏林予防医学研究所 | 14:14 | - | -

▲PAGE TOP