<< May 2013 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
それでも人を愛する犬
それでも人を愛する犬
田辺 アンニイ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
危険な油が病気を起こしてる
危険な油が病気を起こしてる
ジョン フィネガン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
 
8年目のイングリッシュローズ/デビット・オースチン




我が家の「ジュード・ジ・オブスキュア」(Jude the Obscure)の背丈も2m近くになりました。写真撮るのも2階の窓から身を乗り出したりして苦労します。(;^_^A
一般的にイングリッシュローズを暖かい気候の元で栽培すると大型化するようで、もう根元の方は立派な「木」になっています。

小説「Jude the Obscure」(トーマス・ハーディ:1985)のタイトルに因んで命名されたいきさつも、デビットオースチン大好きな方にとっては有名なお話。しかし、マニアでも「Jude the Obscure」と間違えるのが、ザ・ラーク・アセンディング (the lark ascending)さん。

ライトアプリコット色の優しいカップ咲きに惑わされるようです。でも嗅覚が鋭い方は嗅ぎ分けられそうです。 (*^-^) 

ジュード・ジ・オブスキュアは、グアバと甘口の白ワインを思わせる香りです。ザ・ラーク・アセンディングは、ティーの香りがする花やミルラの香りがする花などが混在しているので差がよく分かります。(*゚▽゚)ノ
花粉症の方は、しっかり嗅ぎ分けられますように、是非治しましょうね。(*゚▽゚)ノ

(アンジュー店主)
自宅周りの花木 | 23:32 | - | -
今年も淡い色のバラが咲き始めました




今年も淡い色のバラが咲き始めました。8年前の2月頃、凍えるスタッフ達の協力を得て(いつもすいません。。)深さ60・幅60cmの穴を6つ掘り、それぞれの穴に数種の四季咲きのEnglishi Rosesの大苗を植えました。近頃は暖冬の影響か12月〜2月の間、強剪定するまで咲いています。

今年の春、遂に6つの大苗のうち2つが弱ってしまったようで、小さな蕾はついているのですが、今のところ開花には至りません。冬に元肥を与えなかったのが原因か反省しています。

また、このところ連日30℃前後の高温と真夏のような陽射しの影響で、せっかく開花しても1〜2日でしおれてしまうのが残念で、切り花にして室内で飾ろうとしています。高温は苦手で、毎年、夏には蕾をとり、花を咲かさないようにし、秋への開花に向けて栄養を備えさせているくらいです。

写真は、ディビッド・オースチン社がイングリッシュローズに求める特質のほぼ全部を具備した最上ランクの品種の一つとされるヘリテージをはじめ、デビットキャシドラルなど淡い色の花達です。

(アンジュー店主)
自宅周りの花木 | 17:52 | - | -
「野生ラベンダークリーム」づくり


今日のお昼は、在庫が少なくなった「野生ラベンダークリーム」づくり。

これからの時期には、散歩やガーディニングの際の「虫除けクリーム」としても重宝します。蚊にさされたあとの、かゆみの治まりかたの即効性にも驚かれます。
もちろん、肌や唇の荒れやかさつき、やけど、打撲にも有効なので、たいへん人気があります。

耐熱ビーカーに蜜蝋とキャリアオイルを入れ湯煎してクリームの基材をつくり、瓶に移します。熱がとれたところで野生ラベンダーの精油を加えると完成です。
皮膚の再生能力を高める為に「システ」を入れることもあります。

今月から新しいスタッフさんが加わりますので、作り方教えてあげて下さいね。 (*^-^

日本ではあまり聞かれない「野生ラベンダー」ですが、最先端のアロマテラピーでも、何を使っても分からないときには、とにかく野生ラベンダーを使えといわれるくらい様々な薬効を持つようです。

ラベンダー野生には毒性がほとんどないので、免疫力が低下している人にも安心して使用出来ます。ただ量産できないため供給が需要に追いつかなく少し高価になります。そこでラベンダー野生の代替品としてよく使われるが、一般的に目にする栽培されたラベンダーです。

・六角堂の鳩
・明倫餅つき大会2010
・六角堂の鳩(2) 鳩みくじ シダレヤナギ 御幸桜 へそ石
・「明倫学区ボウリング大会」2013.4.7/明倫自治連合会
・2009明倫文化祭/京都芸術センター 室町通
・ラジオ体操の勧め 2009.07.12
(アンジュー店主)
製薬会社が管理・製造するアロマ | 19:38 | - | -

▲PAGE TOP