<< March 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
それでも人を愛する犬
それでも人を愛する犬
田辺 アンニイ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
危険な油が病気を起こしてる
危険な油が病気を起こしてる
ジョン フィネガン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
 
25%OFF コーカサスヨーグルト (現ロットのみ 期間限定)


今回は珍しくディスカウント商品のお知らせです。現在在庫のロットのみで、在庫終了後は、通常価格となります。

コーカサスヨーグルトは、一般のヨーグルトが2〜3種類の乳酸菌で作られるのに比べ、乳酸球菌、酵母など多糖類の菌で作られる発酵乳です。

世界三大長寿地方として知られるコーカサス地方で、伝統的に飲み続けられ、1970年代から世界的に研究が進められました。

一般的なヨーグルトよりもさらに多くの乳酸菌やイースト菌、ケフィア菌を多く含み、健康食として世界中で人気を集めています。

また、多糖類のアミノ酸を含む乳タンパク質や各種ビタミン・ミネラルが豊富に含まれ、まろやかな味わいで非常に食べやすく、酸味の苦手な方でもおいしくお召し上がりいただけます。
手作りヨーグルトの作り方は、人から人へと「たね」を分ける『植え継ぎ』が主流です。

しかし、高温多湿の日本で『植え継ぎ』をすれば、雑菌が混入してしまう可能性があります。

このコーカサスヨーグルトは、フリーズドライのたね菌を小分けに包装した1回1包みの使い切りなので、雑菌が混入したり、デリケートな菌のバランスが崩れる心配がほとんどありません。

しかも作り方は、市販の牛乳パックにたね菌を入れ、よく混ぜるだけ。この手軽さで、一年中おいしいヨーグルトを簡単に作ることができます。

もちろん、面倒な容器の煮沸消毒や長時間の温度管理は不要です。使い切りなので、旅行など長期外出中にヨーグルトの様子を心配する必要もありません。「牛乳パックでたね菌を使い切り」という方法で手間を省き、衛生面も考慮したコーカサスヨーグルトをぜひお試しください。

「おうちでできるコーカサスヨーグルト」
http://www.anjuu.com/cell_cy.htm


(アンジュー店主)

- | 12:08 | - | -
クリルオイル / ニューサイエンス
今回は「上質なオメガ3の摂取源」であるクリアオイルのご紹介です。

■クリルオイル-オキアミの油


オキアミはエビに似た形をしているプランクトンの一種で、世界の海に分布しています。南極海には数種のオキアミが生息しており、この中で最も大型で数が多く、海洋資源として重要視されているのが南極オキアミです。

全長5〜6cm、体重1〜2gほどの南極オキアミは、くじらやアザラシなど南極海にすむ生物たちの主要な食物となっています。
栄養面に目を向けると、たんぱく質と脂質を多く含んでいます。ビタミン類、食物繊維の一種のキチン類、アスタキサンチンというカロテノイド類なども含んでいます。

■アスタキサンチン 酸化しやすいEPAやDHAを酸化から守る

クリルオイルの鮮やかな真紅色は、
そこに多く含まれる「アスタキサンチン」の色です。
アスタキサンチンは自然界に多く分布している天然の赤い色素で、サケやエビ、カニなどに多く含まれるカロティノイドの一種です。
ビタミンEの1,000倍の抗酸化力。

■安全な南極海
オキアミの漁場となる南極海は、
地球上で最も人為的な化学汚染が少ない海域です。

■生物濃縮の影響を受けない
オキアミは食物連鎖の下位に位置する生物であることから、有害物質をはじめとした様々な化学物質の生物濃縮が進んでおらず、
高度な安全性が確保されています。

■欧米で正式に認められている安全性
2009年2月、欧州食品安全機関(EFSA)は新開発食品成分として「ナンキョクオキアミ(Euphausia superba)の脂質抽出物」の安全性に関する科学的意見書を公表。「毒性や臨床データは限られているが、主要成分についてのデータから、提案されている使用条件において『ナンキョクオキアミの使用抽出物』は新規成分として安全である」と結論づけています。

■リン脂質結合型オメガ3とは 水溶性=吸収が優れている

魚臭さが少ない

魚油サプリメントを摂取すると、特有の魚臭い「戻り臭」や後味が気になることが多々あります。これは魚油が水や胃液に分散しないトリグリセリド結合型オメガ3が主体のため、胃液の表面に浮かんでしまうことが原因です。

■クリルオイルの安全性

1.非アセトン抽出

クリルオイルは有機溶剤の残留の心配がない、非アセトン抽出(エタノール抽出)を採用しています。
超臨界抽出のものはあるが、圧力がかかり高温になると推測されています。
アセトン抽出をすると、アセトンが残留してしまいます。

2.エタノール抽出

水には溶け出しにくい目的成分(主に油)を抽出する際に利用される製法。
エタノールは食用アルコールの事で、融点が低く、常温でも蒸発してしまうため、残留が極めて低く、またその殺菌作用により精製されたものの品質の保持にも働く。高温にならない製法のためトランス脂肪酸も生成しない。

3.植物性カプセル「プルラン」使用

カプセルも安全性を求め、植物性プルランを使用。
※他社製品のほとんどが、豚ゼラチンを使用。

カプセルの原材料は「加工デンプン、グリセリン、ゲル化剤」です。
※加工デンプンは、とうもろこし(遺伝子組み換えでない)由来のものを使用しております。
※グリセリン、ゲル化剤(増粘多糖類)は植物由来のものを使用しております。

4.トランス脂肪酸ゼロ

サバやイワシは純度が低いため、これらを利用してサプリメントを製造するには 濃縮が必要になります。濃縮する製造工程において一瞬ですが高温がかかります。これによりトランス脂肪酸が少なからず発生してしまいます。
※国内では表示義務がないので、入っているかいないかを判断できない。

5.放射性物質 「検出せず」

放射性物質(ヨウ素131、セシウム134、セシウム137)を検出しませんでした。



クリルオイル 上質なオメガ3の摂取源 / 杏林予防医学研究所・ニューサイエンス

(アンジュー店主)


杏林予防医学研究所 | 12:01 | - | -

▲PAGE TOP